【顕微受精】(1回目)採卵・移植周期 D19 採卵日当日の流れ

いよいよ人生初の採卵です。

手術も入院もしたことがなく少し不安ですが「みんな通る道。」と平常心で挑みました。

スポンサーリンク

採卵の流れ

8時30分 受付

精子の状態によっては再採取の可能性があるため本日は夫も同行。

受付をすませ個室に案内され、下着を取って術着に着替え。

すでに採卵が終わっている人が隣のベッドで休んでいた。

トイレで排尿後、鎮痛剤の座薬を入れる。

8:45 採卵室へ入室

点滴の麻酔を注入。

心電図、血圧、酸素モニターを装着。

8:50 採卵開始

消毒してもらい、採卵スタート。

採卵は…痛かった。

麻酔もしているし大丈夫かな?と思ったけど、なんとも言えない射すような痛み。

看護婦さんが手を握っていてくれたのが心強かった。

9:00 採卵終了

そのままストレッチャーで運ばれベッドで安静に。

少し経ってから夫が来てくれた。

ひとまず終了してよかった。

麻酔の影響か、ボーっとする。

10:30 点滴終了

ペットボトルの水を少しずつ飲む。

13:00 お会計

お金を払い、薬を貰って病院を出た。

ものすごい金額にくらっときました。

麻酔の影響で気分が悪いけど、朝から何も食べていないのでお腹が空いた。

大好きな中華やさんで夫がランチをご馳走してくれた。

すごく嬉しかった。

家に帰ってからお昼寝してその日はゆっくり過ごしました。

処方された薬

当帰芍薬散

食前 1日3回

子宮や卵巣の循環血流改善を目的として不妊症や流産予防に使用する漢方薬。

全身のホルモンバランスも整える。

貧血対策。

セフカペン

食後 1日3回

細菌感染やその予防のための抗生物質。

ルトラール

食後 1日2回

黄体期のホルモン補充。

本日のお会計

診察、漢方(当帰芍薬散14日分)妻…750円

診察 夫…1,330円

精子高速デジタル解析…870円

精液検査…870円

鎮痛剤セット…600円

セフカペン3T 4日分…1,200円

ルトラール2T 14日分…1,540円

IVF準備(物品、培養液など)…21,600円

採卵…54,000円

麻酔…10,800円

培養1回目2回目…151,200円

顕微受精(ICSI)…86,400円

合計:331,160円

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする