【自己タイミング】D26 ストレスフリーからの衝撃事実発覚

今周期は通院お休み期間ということで、病院に通うストレスもなく、友達と旅行に行ったりして気楽に過ごしていました。

何だかんだ言って通院ってストレスですよね。

お金とか時間とか薬とか常に妊娠のことを考えている精神状態とか。

クリニックでもヘタに陽性判定をもらった経緯があるものだから、用紙をもらって別室に案内されていく人を見ると

「妊娠したんだ。いよいよ卒業か。」なんてことまで気になってしまって。

だから通院しない周期がこんなに気楽だなんて!と新鮮です。

しかし、ここに来て衝撃がありました。

スポンサーリンク

ママ友の妊娠

それは、保育園のママ友さんの妊娠です。

本人から聞いた訳ではないし、元々ふっくらした体型だから確実ではないけれど、今朝ひさしぶりに会ったらお腹周りの感じがなんとなくそうかなって感じました。

彼女はわたしと同い年。

同じ年齢ということもあってママ友の中で唯一敬語を使わない仲です。

人づきあいが苦手なわたしでも話しやすくてとても性格のいい人。

だからとっても喜ばしいこと。

でもやっぱり気持ちは複雑。

周りがどんどん妊娠していく中、自分だけが取り残されたような気持ち。

「まだ2人目は考えていない。」

そう言ってた人に先を越された時の気持ち。

人と比べることが愚かなことだってことはわかっている。

1人でもこどもに恵まれたことがどんなに幸せなことかってこともわかっている。

だけど、やっぱりモヤモヤしてしまう。

なによりそんな自分が心底嫌になる。

この気持ちは2人目を産むまで消えないんだろうな。

だから、こんな時は家を片付けたり、資格の勉強をしたり、妊活と関係ないことに力を注ぐことにします。

前向きにポジティブに

でも少し時間が経って

「同じ年齢で妊娠できたってことは希望が持てるよね?もし妊娠しているならお腹触らせてもらって妊娠菌もらおう。」

そう思えるようになってきました。

前向きにポジティブに進んでいきたい。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする