【顕微受精】(1回目)採卵・移植周期 D7 自己注射って怖い&痛い?

本日からとうとう自己注射が始まります。

病院で打ってもらうことはできるけど指導料がかかるのと毎日通院するのは現実的ではないので家で自己注射を頑張ることにしました。

スポンサーリンク

診察内容

  • 超音波検査
  • 自己注射指導
  • 薬の処方

超音波検査

まだ卵胞の育ちがゆっくりということで、追加のクロミッドが+2日分出ました。

自己注射指導

もちろん自己注射なんて初めて。

義母が糖尿病なのでインスリンを自分のお腹に注射しているのは見たことはありますが、果たしてうまくできるのか不安でした。

看護婦さんに指導してもらいながら打ってみました。

針を刺す自体はほぼ痛みを感じず。

液が入る感覚と、注射した後しばらくじーんとした感覚がありました。

自己注射の流れ

  1. 手を洗う
  2. 注射のキャップをはずしてテーブルに置く
  3. 消毒綿を袋から出す
  4. お腹の肉をつまんで消毒する
  5. 注射を刺す
  6. 液を全て入れる
  7. 消毒する
  8. 絆創膏を貼る

自己注射の痛みを軽減するには

冷蔵庫保管なので、打つ少し前に冷蔵庫から出して常温にもどしてから注射

冷たいと痛みを強く感じることもある。

私はお風呂に入る前に冷蔵庫から取り出して、お風呂上がりに注射。

最初は針の刺し方が下手で内出血してしまいましたが、4日目あたりからうまく打てるようになりました。

薬の処方

とにかく注射代が高い!

お金がどんどん飛んでいく…。

本日のお会計

超音波…3,240円

自己注射指導…1,080円

フォルリモン150ml×4本…10,800円

クロミッド…880円

合計:16,000円

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする