【体外受精】(2回目)移植周期 D17・ET0 凍結胚移植の流れ

本日は凍結胚の移植日。

自転車には乗れないので息子の保育園の送迎は夫にお願いして、徒歩で病院まで向かいました。

途中で水を飲みながら(膀胱に尿をためるため)予約の15分前に到着。

スポンサーリンク

移植日の流れ

11:00 受付

まずは本日移植する胚について説明を受ける。

先生「本日は7分割の胚を1つ移植しますね。」

残っていたのは8分割と7分割がひとつずつ。

てっきり8分割の方を移植すると思っていたので理由を聞いてみたところ、

先生「確かに8分割の方が分割スピードははやいですが総合的に見て7分割の方が形がきれいで状態がいいと判断しました。」

なるほど。まぁそこは先生におまかせで。

凍結胚を1つもどすか2つもどすか迷ったけど、とりあえず1つにしました。

前回は新鮮胚移植で今回は凍結胚移植。

条件も違うし、1つでも妊娠できるかもしれない。

一応タイミングも取ったので、双子になるかもしれない。

そこに胚を2つもどしたら三つ子になるかもしれない。

不要な心配をしないためにも1つにしました。

12:00 移植スタート

今回は院長先生が移植してくださいます。

まずは下からのエコーと消毒。

移植のための器具をセット。

お腹の上からエコーを当ててもらい、モニターを見ているとチューブが入っていくのがわかる。

チューブの先から白い影が出てきた。

看護婦さんが「これが受精卵ですよ。」と教えてくれる。

前回よりもはっきりと形がみえた。

今回も移植自体は特に痛みなどなく終了。

あお向けになって10分間休憩。

その後、再度問診をして本日は終了。

12:30 お会計

漢方薬の「当帰芍薬散」を2週間分出される。

いままでだと、次に行ったときくらいに流産予防のバファリンと柴苓湯が処方されて当帰芍薬散はお休みになるはずなんだけどな。

また聞いてみよう。

帰りも徒歩でゆっくり帰ることに。

ちょっと甘いものが食べたくなったので、ドラッグストアでパンとパイナップルジュースを購入。

帰ってからお昼ご飯を食べ、少しゴロゴロしたあとは普通に家事をしたりパソコン作業をして過ごしました。

実感は…あんまりないなぁ。

いまごろ子宮でふわふわと漂っているんだよね。

がんばってしがみつくんだよー!

本日のお会計

胚移植(ET)…54,000円

胚解凍…75,600円

AHA…21,600円

問診、漢方…700円

合計:151,900円

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする