【顕微受精】(2回目)移植周期 D4 通院再開

生理が始まり、D4に診察を受けました。

本当はD2かD3に来てくださいとのことだったのですが、予定があったため行けるのが最短でD4になってしまいました。

「今周期も自己タイミングかな。」

と思い電話で問い合わせたところ、

「できれば2、3日目が望ましいのですが、4日目でも大丈夫ですよ。」

とのことだったので当日予約して行ってきました。

その日はたまたま台風接近で暴風警報が発令され、保育園が休園になったので息子を預けられず会社を休むことに。

「平日だし天気も悪いし空いているだろう。」

という目論見は見事に外れて、待合室は満席。

問診と採血、お会計で1時間30分以上かかりました。

スポンサーリンク

診察内容

  • 問診
  • 採血
  • 薬の処方

問診

先生「妊娠されなかったとのことで残念でしたね。

胚は良い状態でしたが、着床に関しては未知の世界です。

凍結卵が2個残っていますが、今周期もチャレンジされますか?」

私「はやく妊娠したいので頑張ります。」

先生「では、漢方とクロミッドで内膜をしっかり育てていきましょう。」

ついでに1個もどしと2個もどしについて聞いてみました。

先生「2個もどした方が1回あたりの妊娠率はあがりますが、双子の可能性も増えます。移植までに旦那さんと相談してください。」

うーん。妊娠、出産のリスクを考えると悩むな…。

採血

ホルモンの値をみるために採血。

薬の処方

  • 当帰芍薬散
  • クロミッド

当帰芍薬散

D4から毎食前に1袋×2週間服用。

クロミッド

生理5日目から1/2錠×5日間服用。

本日のお会計

合計金額:2,930円

体外受精のすごい金額に慣れると「安い!」と思ってしまいます。

いかんいかん。

はやく卒業してこの金銭感覚からもはやく脱したい。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする