【顕微受精】(3回目)移植周期 D17 移植の方向性決定

今日は凍結胚の融解確認と今周期の移植について決める日。

前に妊娠した人工授精の日からちょうど1年経ちました。

あの日も今日みたいに晴れた日だったな。

「そろそろ、おいでよ。」

空の赤ちゃんに話しかけました。

スポンサーリンク

診察内容

方針決定

G1の8分割の凍結胚は無事融解できました。

移植方法については

  • 長期培養して胚盤胞移植
  • リンパ球移植&初期胚移植

どっちにするか決めなくてはなりません。

絶対に移植するのであればリンパ球移植なんでしょうが、今回は生理がきた時点で長期培養しようと決めていました。

先生に「見た目がきれいでも、妊娠できる力のある卵かはわからない。」と言われたのがひっかかって、力を見極めたいと考えました。

超音波検査

排卵済みで黄体化が進んでいる。

内膜 13.5mm

いい感じ。

このまま培養を進めてD20に移植となります。

絶対、移植して妊娠するぞ!

本日のお会計

超音波検査…1,790円

胚解凍…75,600円

長期培養(胚盤胞培養)…32,400円

合計:109,790円

お金は持っていっていたのですが、移植日にまとめて払うと思っていたので予想外のお会計に少々ビビりました…。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする