【不妊治療】共働き・2人目不妊の病院の選び方・重視したポイント

「二人目不妊かもしれない。病院に行こうかな?」
そう思った時、どんな病院に行けばいいのでしょうか?

病院の選び方によって妊娠の可能性が変わってくることも。
共働き、子連れでの不妊治療クリニックの選び方で私が重視した点についてまとめます。

スポンサーリンク

共働き・2人目不妊の病院選びのポイント

不妊治療専門クリニックである

一番初めに行ったのは婦人科クリニックでした。
ここが大失敗。

初診でエコーを見るなり「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)かも。」と言われたり(転院先の不妊治療専門クリニックでは一度も言われませんでした。)、ほとんど検査をしないうちからクロミッドを処方されたり、卵管造影検査は別の病院でと案内されたり(受ける前に転院しました。転院先は院内で受けられました。)

あのまま通い続けていたら時間とお金を無駄に費やしていたと思います。

体外受精・顕微受精まで扱っている

人工受精まではやっているけどそれ以上の治療は扱っていないという病院もありますが、体外受精、顕微授精までしている病院の方がそこまでの知識や経験を踏まえた上での検査やステップアップの提案をしてもらえるのでより詳しい説明をしてもらうことができました。

体外受精や顕微授精を受ける受けないは最終的にはご夫婦の判断になりますので、強制的ではありません。

実績がある

実際に通ってみないとわからないことかもしれませんが、口コミサイトなどで事前に調べておくと安心材料にはなります。

待ち時間が短い

待ち時間が短い=人気がない という訳ではありません。

慣れている病院は予約が多くてもスムーズに流せるようシステムがしっかりしています。
私が通っていたクリニックはいつも座るところがないくらい人気でしたが、診察がスピーディで待ち時間も比較的少なく、会社が終わってから保育園のお迎えまでに診察を終わらせて頂けました。

その分、先生と話す時間が短いなどデメリットもありましたが、事前に確認したいことをまとめて聞いたりしていました。

通いやすい(時間)

平日にフルタイムで働いているママの場合、平日も夜まで土日も診察してもらえる病院がおすすめです。

不妊治療は、排卵やホルモンのタイミングに合わせて適切な処置をする必要があるため、病院の都合に合わせて人工授精や移植日をズラすのは本末転倒だと感じました。

通いやすい(場所)

仕事、家事、子育てをしながらの通院は時間的な制限があります。

一人目の妊活であれば病院が多少遠くても通えるかもしれませんが、二人目ともなるとお迎えや帰宅時間の制限もあり、あまり無理はできません。

できるだけ有休や遅刻、早退は避けたいもの。

私の場合は

会社ー駅ー病院ー保育園ー自宅

という生活導線上にある病院を選びました。

デメリットとしては、地元だけに同じ保育園の子のママに会う可能性があることです。(実際に見かけました。)

 キッズルームがある

2人目不妊の場合、こどもをどうするか?が問題になってきます。
病院によっては子連れ通院がダメという所もあるのでその場合は託児所や保育園などの一時保育を利用することになります。

私の通っていたクリニックにはキッズルームがあったので連れて行くときは本を読んだりビデオを見たりして過ごしました。

お会計や診察の際は待合室を通るので一人目の不妊治療の方に対してはやはり気を使います。
できるだけ足早に移動して、キッズルームに戻るようにしていました。

クレジットカード対応

これはできればですけれど。
不妊治療の費用はかなり高額になるのでクレジットカード払いで少しでももどってきたらうれしいですよね。

まとめ

正直、全てをクリアする病院は少ないと思います。

さらに地方ともなるともっと選択肢は少ないですよね。

その中でも優先順位をつけて自分に合った病院を探してみてくださいね。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする