不妊治療のリアルなお金の話。顕微授精(採卵・移植)1回あたりの費用は?

不妊治療って本当にお金がかかりますよね。

通院回数も多いし家計への負担も大きいです。

今回は顕微授精にかかった費用をまとめます。

スポンサーリンク

顕微授精の費用

顕微授精は大きく分けると1.採卵+培養 2.移植の2つに分かれます。

1回あたりの採卵の費用

顕微授精+精子の処理

326,000円

超音波検査、注射、薬代、備品代など

95,000円

合計:421,000円

※1回の採卵で4個の卵子を採取し、3個が初期胚に。(1つは残念ながら途中で分割停止。)

採卵当日が一番お金がかかりましたが、自己注射が1本2,500円もするのに卵胞の発達が遅いと「はい追加。」ってのが何回かあって正直、厳しかったです。(泣)

1回あたりの移植の費用

移植

152,000円

超音波検査、注射、薬代、備品代など

15,000円

合計:167,000円

採卵1回+移植3回の顕微授精の総額

受精卵のうちの1個を同周期に新鮮胚移植、残り2個を凍結保存しました。

1回目と2回目は着床しやすいようにアシストハッチングを行いました。

3回目は長期培養に費用がかかりましたがすでに殻から出かかっていたためアシストハッチングは不要でした。

1回目:新鮮胚移植

2回目:凍結胚を融解→初期胚移植

3回目:凍結胚を融解→長期培養→胚盤胞移植

総額:922,000円

まとめ

合計100万円近くかかっていました。

この3回分で助成金が45万円出ました。(別途、不妊治療証明書が5,000円×3枚かかりましたが…。)

あとは確定申告で医療費控除をして少し還付されました。

なので最終的には大体55万円くらい。

助成金制度がなかったらおそらくチャレンジすらできていなかったと思います。

本当にありがたいです。

ポイントはいかに1回の採卵で複数の受精卵をストックできるか?というところですね。

採卵に比べると移植のほうが費用も安いですし、自己注射などの負担も減ります。

他の人のブログなど見ると1回の採卵で10個以上取れて半分位上が胚盤胞とか聞くと、どうすればそんなにうまくいくのか?本当に知りたかったです。

とりあえず自分でできることはやってみようと色々試してみました。

2人目妊娠に向けて【やってみたこと】30代後半の妊活
妊娠するために自分でできることはなんだろう? クリニックに頼るだけが正解という訳でもありません。 妊娠に向けて「やってみたこと」...
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする