こどもができないから離婚?家族の基本は夫婦の関係性だと思う

会社の方の娘さんが(30歳代前半)で離婚されたそう。

確か結婚3年目くらいだと思います。

その理由を聞いて、色々考えるところがありました。

スポンサーリンク

離婚理由

それは、こどもができないから。

他にも理由があったのか?どちらに原因があったのか?どちらが言いだしたのか詳しくは聞いていません。

でも、結局はそこで価値観や人生観の違いがはっきりしたんでしょうね。

こどもがいなくても夫婦2人で仲良くやっている人もいれば、こどもができないのが原因で離婚する人、こどもがいても離婚する人もいる。

人生って本当にそれぞれだなって思います。

不妊治療を機に夫婦の関係を見直す

私は不妊検査を受けてフーナーテストが連続で0だった時、「もしかしたら、こどもができないかも?」とかなり不安になりました。

不妊治療に対して夫との温度差を感じて喧嘩したこともあります。

その時、夫が

「もし、こどもができなかったらその時は2人で生きていこう。」

と言ってくれてすごく気持ちが楽になりました。

こどもができなくても、この人と仲良く楽しく生きていこうってそう思えました。

そのことがあってから、お互いを思う気持ちが深まったように感じます。

私は夫とは常に対等な立場でお互いに高め合える存在でありたいと思っています。

いま不妊で悩んでいる方も、逆に子どもがいない今だからこそ、改めて夫婦の関係についてじっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする