【顕微受精】(3回目)移植周期 D60 BT40 8w4d クリニック卒業

とうとうクリニックを卒業できる日がきました。

1年前、卒業の3日前に完全流産。

手が届きそうで届かなかった卒業。

やっと手にすることができました。

スポンサーリンク

クリニック卒業

内診では胎児のサイズは20㎜。

週数相当ということで順調とのお言葉を頂きました。

流産予防のバファリンは2週間分追加で、今後は産院の先生と相談することになります。

部屋を出る時、副医院長に

「お世話になりました。」

とお礼をいいました。

色んなことが思い出されて思わず声が震えて泣きそうになりました。

マスクをしていなかったらバレたんじゃないかと思います。

お会計を済ませてさて帰ろうという時に

「もう少しお時間よろしいでしょうか?」

と看護婦さんに声を賭けられました。

「書類でもあるのかな?」

と息子とキッズルームにもどって待ちました。

ドアをノックする音が聞こえ、看護婦さんが

「おめでとうございます。」と紙袋を手渡してくださいました。

中にはかわいいお花のアレンジメントが。

そのようなプレゼントを頂けるとは全く夢にも思っていなかったので、涙が…。

人気のクリニックでいつも多くの患者さんが来ていましたが先生もスタッフさんも毎回気持ちに寄り添い、そっと応援してくれました。

治療を頑張れたのもこのクリニックのおかげだと思います。

もう治療で訪れることはありませんが、前を通るたびにいまでもお世話になった日のことを思い出します。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする