不妊治療・移植周期 胚は2個同時にもどした方が妊娠率は上がる?

前回、1回目の採卵と胚移植を受けました。

採卵→分割したのは3個。

そのうち1個を新鮮胚移植し、残りの2個を凍結することになりました。

その時に、先生から

「残った2つは凍結保存します。もし今回が陰性で次回に2個移植ということを考えるなら、2個を同じ管に入れて凍結保存しますがどうしますか?」

と聞かれました。

まったく予想していなかったことなので、先生にメリットとデメリットについて聞きました。

スポンサーリンク

2個同時移植

メリット

お互いが補い合って妊娠率が高まることが期待できる。

しかし単純に2倍になるわけではない。

2個を同じ管に入れて凍結すると、融解の際もタイミングがずれることなく移植できる。

分けていると多少の差が出る。

デメリット

双子(またはそれ以上)妊娠の可能性。

クリニックのデータでは15%程度の可能性あり。

ただし、そのデーターには胚盤胞移植も含まれているため、初期胚だともう少し低いとのことでした。

結論

その場では決めきれなかったため、とりあえず分けて凍結してもらうことにしました。

数日前に言ってくれていたらもうちょっとちゃんと考えられたのにな。

  • 残りが2個しかないこと(1度に両方失ったらまた採卵からスタート)
  • 上の息子がいる状態で双子の出産、子育てに対する覚悟がないこと
  • 凍結は2本までは同じ料金でできること

夫に相談すると

「妊娠の可能性があがるなら2個同時でもいいんじゃない?ひとりの可能性の方が高いんだし。もし双子だとしてもなんとかなるよ。」

との回答。

確かに1ヶ月でもはやく妊娠したい。

ギリギリまで悩んでみます。

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする