2人目妊娠に向けて【やってみたこと】30代後半の妊活

妊娠するために自分でできることはなんだろう?

クリニックに頼るだけが正解という訳でもありません。

妊娠に向けて「やってみたこと」をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠に向けて「やってみた」こと

温活

お灸

とにかく体を温めることを意識しました。

お風呂では必ず浴槽につかる。

クーラー対策に夏でもひざ掛け。

腹巻、靴下を履く。

カイロを持ち歩く。

鍼灸に通うことも検討していましたが、近くに通える鍼灸院がなかったため、移植前は自分でできるお灸をしていました。

ルイボスティー




コーヒー派でしたが、妊活中は家でも仕事中でもグリーンルイボスティーに切り替えました。

葉酸サプリ

一人目の時に葉酸は妊娠前から飲んでいたほうがいいと知ったので、2人目の妊娠を意識してからずっと飲むようにしていました。

色んなメーカーのものを替えて色々試していました。

ミトコンドリア




卵子の老化対策にミトコンドリアサプリの効果があるとか。

イソラコン

良好な胚を移植しても妊娠しない。

かすりもしないのは子宮の環境にも原因があるのかな?と考えました。


そこで葉酸をこちらのイソラコン葉酸400μgプラスに変更してみました。

着床を助けるサプリ・イソラコン葉酸400μgプラスを飲み始めて3ヶ月で妊娠しました
妊娠のためにイソフラボンや葉酸が大切という話は以前から知っていましたが、着床に効果のあるイソフラボンのサプリがあると聞いて飲んでみることにし...

運動

ファータイル・ストレッチ

「3人に2人が妊娠に成功!」という見出しが気になって購入。

大阪にある不妊治療専門クリニックで、運動療法を指導されている方が書かれた本です。

不妊治療の体験談も書かれていて、前向きな気持ちになれました。

ストレッチで体の緊張をゆるめ、骨盤まわりの血流をよくすることは有効だと思います。

DVDをみながら自宅で気楽にできるので、空いた時間にやっていました。

カーヴィーダンス

1種類だと飽きてしまうのでファータイルストレッチとカーヴィーダンスを交互にやっていました。

運動はストレス解消にもなるのでおすすめ。

ウォーキング

会社の行き帰りにできるだけ歩くことを意識していました。

すきま時間運動

休憩中にトイレでスクワットしたり、骨盤をぐるぐる回したり。

食事

基本的には緑黄色野菜をたくさん取る。

血の巡りをよくする

以前から生理痛がひどかったり貧血気味、低血圧ということが気になって食事や睡眠方法を変えてみました。




発酵ザクロドリンクを飲んだり。

パワースポット巡り

家族旅行に行くついでに、子宝神社やパワースポットを訪れるようにしていました。

旅行好きなので楽しかったですし、とても神秘的で癒されました。

ビジュアルマップ作り

ビジュアルマップを作成しました。

こうありたいということを画像でノートにまとめ、時々見返しながら「なりたい」という願望ではなく「すでにその状態である」という気持ちで日々過ごしました。

産院調査

1人目の妊娠前は妊娠したらお世話になる産院を妊娠もしていないうちから調査しました。

人気の産院はすぐに分娩予約が埋まってしまいます。

家から近くて評判のいい産院をリストアップすることで「ここで産もう。」と、すごく前向きな気持ちになりました。

2人目のときも「あの産院にまたお世話になる。」とイメージしていました。

まとめ

みっちり決めてやり続けるというよりは色々試して自分に合うものを見つけていくのが気分転換にもなってよかったです。

ガマンするばかりでなく時々息抜きしながらストレスを上手に発散できるようにすることも大切。

自分の身体をわかるという意味でも、自分でできることをみつけていきましょう。

2人目妊娠に向けて【やめてみたこと】30代後半の妊活
妊娠するために自分でできることはなんだろう? クリニックに頼るだけが正解という訳でもありません。 妊娠に向けて「やめてみたこと」...
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする